【未使用品】 抹茶茶碗 柿天目-抹茶茶碗




説明 大正末期に東山区今熊野蛇ヶ谷の現在地で父定一が開窯、帝文、日展に出品、各展で受賞。天目釉を得意とした。父に製陶を習い、自身も日展、各展に出品、受賞。二代を継ぎ美術陶芸品を作る。なお、純出品作品には本名の銘を使う。本名 桶谷 洋昭和10年 京都東山の窯業地に生まれる昭和30年 京都伏見高校陶磁器科卒業日展陶芸家 父定一に作陶を学ぶ日本工芸会会員京都美術工芸作家協会会員京都クラフト展 銀賞京都工芸美術展 優賞京展・他工芸展 受賞日本伝統工芸近畿展 10回受賞日本伝統工芸展 3回入選

   

【未使用品】 抹茶茶碗 柿天目-抹茶茶碗